INTRODUCTION

男気溢れる、伝説の英雄「金首露(キム・スロ)」のカッコよさに誰もが魅了され、憧れる。
高句麗を「ムヒュル」が支配していた時代、朝鮮半島南端に、小さいながら製鉄技術に長け日本とも交流のあった幻の王国《伽耶》があった。

紀元1世紀の初め。朝鮮半島北部ではドラマ『朱蒙』の主人公チュモンが建てた高句麗が、『風の国』の主人公ムヒュルの代となり、強大な国として勢力を誇っていた頃。朝鮮半島南部では、まだ小さな部族がバラバラに存在し互いに牽制しあっていた。そんな小部族をまとめ上げ、優秀な製鉄技術と海洋貿易で名を馳せる国家《伽耶》の初代王になったのがキム・スロだ。このドラマ『鉄の王 キム・スロ』は、王になると予言されたキム・スロが数々の試練を乗り越えて成長し、民に絶大な支持を得る王となっていく姿を描く。《伽耶》は、海を隔て倭の国(日本)と国交をもち、遺跡からは日本人が居住していたと思われる痕跡も発見されており、古代日本とのつながりも深かったと考えられている。もしかするとキム・スロ自身も当時、日本人と何らかの接触があったかもしれない。

この先どうなる!? 愛する者同士のすれ違い、様々な秘密は明かされるのか!?観る者を引き込むストーリー!!

実際の伽耶の歴史はまだわかっていない面が多い。このドラマはそれを逆手にとって、キム・スロの人間的成長を軸に、激しい権力闘争あり、哀切なロマンスありの痛快でスリリングなエンターテインメント巨編となっている。特に、本作は、冒頭でいくつかの《みつづけている視聴者だけが知る秘密》がちりばめられ、それらが手に汗握る展開の中で少しずつ明かされていくという仕掛けもハラハラドキドキさせるポイントだ。海で難破して生き別れた母と子のチョンギョンとキム・スロの二人は、お互いの《関係》を知らずに、時にニアミスしながらも敵対し、すれ違って生きていくが、いつか母子の情を交わせる日がくるのだろうか・・・。敵としてチョンギョンを追い、同じ船に乗り合わせて記憶喪失になり、キム・スロの右腕となっていくトゥクソンは記憶を取り戻すのだろうか?キム・スロのライバル、ソク・タレはどのように新羅の王となっていくのか?その先が早く知りたくなって観始めたら止まらない。

総制作費200億ウォン!! 巨大ロケセットで撮影された超大作!!

総制作費200億ウォンをつぎ込み、かつて伽耶(カヤ)が存在していた地域である金海(キメ)市、馬山(マサン)市がロケ地提供などで全面的に支援した。その効果で活気みなぎる今までにないような大規模な鍛冶場の様子や、近隣諸国だけでなくインドや西域との壮大な海上貿易の様子が臨場感たっぷりに再現された。

韓流スター「チソン」が魅力いっぱいに演じる、自由奔放で明るいキム・スロ像。そして脇を固めるハマり役のキャスト達!!

主人公キム・スロはドラマ『王の女』で王を演じた韓流スター、チソンが演じる。チソンは役作りのために武術と馬術、剣術の特訓を行い、演技面では初期の明るくやんちゃな青年から次第に王になるカリスマを身につけていく過程を演じ分けてみせている。キム・スロの母でありながら敵という難しいチョンギョン役にドラマ『花よりも美しく』のベテラン演技派女優ペ・ジョンオクを、敵役テガンに映画『友へ チング』でチャン・ドンゴンとダブル主演したカリスマ俳優ユ・オソンを投入した。ペ・ジョンオクはドラマ『胸震わせて』で、ユ・オソンはドラマ『太陽をのみ込め』でチソンと共演したことがある。その他コ・ジュウォン、ソ・ジヘ、カン・ビョル、イ・ピルモなど伸び盛りの俳優たちを重要な役に抜擢し布陣した。ドラマ『王と私』で王を演じたコ・ジュウォンは、キム・スロと王座を争うライバル、イジンアシとして登場する。インドから来てキム・スロを助け王妃になるホ・ファンオク役のソ・ジヘは、ドラマ『シンドン』でも他国から来て王妃になる役を演じたことがある。キム・スロと大悲恋を演じるカン・ビョルは新人女優だが、このドラマのアヒョ役でニュー・スターに躍り出た。出演するドラマがすべて高視聴率のイ・ピルモはキム・スロと友人だがやがて裏切ってしまうソク・タレ役で時代劇初出演。味方なのか敵なのかわからない屈折した役を演じ切ってみせる。地域社会の後押しと新旧名優たちの熱演が期待できる大作ドラマ『鉄の王 キム・スロ』。このドラマを通じて、古代日本にも影響を与えたと思われる伽耶の歴史に夢を馳せてみよう。